「グリーンブック」は笑えて泣けてハッピーになれる極上の映画

グリーンブックのあらすじは?

1962年、ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるイタリア系のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、ガサツだが、家族や友人から愛されています。クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになります。シャーリーはケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才黒人ピアニスト。彼は、まだ人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅立ちます。性格が正反対のふたりは衝突しつつ、少しずつ打ち解けていきます。クリスマスまでの2か月間を描いた心温まるヒューマンドラマ。実話です。

アカデミー賞受賞の話題作!

グリーンブックはアカデミー賞の作品賞を受賞した話題の作品です。黒人差別の問題を扱っているので、もっと重苦しいかと思っていたら、意外とユーモアに溢れて軽快なストーリー運びで、音楽も楽しくワクワクするような作品でした。

差別意識を持ち、粗野で無教養なトニーは憎めない人物でした。一方、黒人でありながらカーネギーホールの最上階に住むお金持ちのシャーリーは、天才でありながら孤独でした。正反対のふたりが旅をするとどうなるのか?当然ぶつかり合います。ですが、次第に影響を及ぼし合い、ふたりとも変わっていくのです。その変化を見るのが楽しかったです。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved

シャーリーのピアノを聴いて天才だと確信したトニーは、黒人だということで理不尽な扱いを受けることに憤りを感じます。慣れているシャーリーは諦めて受け入れるのですが、時に受け入れられないことも・・。

コンサートをしてもらうために呼んでいるシャーリーに対して、外のトイレを使えと言ったり、レストランで食事をするなと言ったり・・とてもひどい扱いです。トニーは自分のことのように怒り抗議をします。

あんなに地位や名声のある人でも、黒人というだけでひどい扱いを受けるんだな・・って改めて黒人問題の根の深さを感じました。そして、グリーンブックに載っている程度の低い宿にしか泊まれないのです。使用人であるトニーは白人であるためにシャーリーよりもいいホテルに泊まれるのに。アメリカは複雑な国ですね。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved

奥さんへの手紙をロマンチックな言葉にしてくれたシャーリー。奥さんはその手紙に感激していましたが、ラストで奥さんとシャーリーの心温まる場面があり、胸がいっぱいになりました。奥さん役の人はとってもかわいい人でしたが、ラストで本当のトニーとおくさんの写真を見てビックリ!奥さんがそっくりだな~って思ったからです。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved

今まで我慢してきたシャーリーが、遂に最後の仕事をボイコットしてしまいます。そして、黒人の入れるお店に行った時、ピアノを弾いてと言われます。この時、私はショパンを弾くんじゃニアかな?って直感で思ったんですが、その通りだったので嬉しくなりました。ちょっと前の台詞でクラシックを習ったことに誇りを持っている。自分にしか弾けないショパンだって言っていたからです。その後は、いつもの楽しいジャズを弾いて、ニコッと笑う姿が素敵でした。

この映画は、アメリカでは否定的な意見もあるそうです。どうして?って思ったけど、黒人問題をサラッと描いていて軽く感じられるからなのでしょうか。アカデミー賞を狙っていた作品に、もっと深く黒人問題を扱っていた作品があったからでしょうか。監督が「メリーに首ったけ」などのコメディ作品を手掛けたピーター・ファレリーだからでしょうか。

そんなことはともかく、私は単純に楽しめてハッピーな気持ちになれたので、この作品は大好きです。

日本人の私には、黒人問題については深く理解することは難しいですが、この作品はそんなに難しく考える必要はないんじゃないかなって思いました。人種問題だけでなく、性格や育った環境の違うふたりが、お互いのいい部分を認め合い、真の友情を育むことができることを見せてくれたその過程を楽しめばいいんだって思うからです。

そして、心温まるラストが最高でした。あったかい気持ちで映画館を出られる・・私はそんな映画が大好きです。重苦しく終わる作品の中にも勿論、いい作品、考えさせられる作品は数多くありますが、私はどちらかというとハッピーエンドの映画が好きです。なので、この映画を見て本当によかったなって思いました。

ハッピーな気持ちになりたい人におすすめします!もうすぐ終わってしまうと思うので、早く見に行ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です